So-net無料ブログ作成
検索選択

This story is to be continued [ごあいさつ]




アップ容量が満杯の為、新ブログに移行します。
よろしくお願いいたします。

パート3です。リンククリックで移動します。
http://aquagreen.blog.so-net.ne.jp/





Img_0051.jpg
初夏の小田代ヶ原は貴婦人です。

いろいろ考えましたが、備忘録として続けます。
ブログは画像の容量がほぼ満杯なので移動します。



Img_0156.jpg

人間の記憶というものはその場で忘れていても脳のどこかに必ず残っているのだなと思いますね。
当時の記事を読み返すとその時の風景や感じたこと、ありありと蘇ってきます。










Img_0181.jpg
山桜の実



IMG_0059.JPG
レンゲツツジ

ツツジの最終ランナーレンゲツツジも終盤。
小田代ヶ原の草花が本格的なお花畑になるのはこのあとです。
今年はどうかな?7月20日過ぎくらいから8月に入るくらいかな。
8月中旬になると花はもう終盤で、台風がやってきて、秋の風。
9月後半には草紅葉が始まって10月初旬から紅葉シーズン、そして霜が下ります。



IMG_0113.JPG
アヤメ





IMG_0112.JPG
ハクサンフウロ



IMG_0111.JPG





IMG_0068.JPG
気温は15℃。
初夏に入るところですが、明け方は氷点下になることもたまにあるので黄色くなっている枝もあったりします。
山の夏は短いです。






Img_0051.jpg
6月末
今はちょうど初夏で花がやっと咲き始めの感じ。

7月末くらいからが小田代ヶ原は最も華やかです。8月も中盤になると秋の気配。






DSC_8398.jpeg
9月はじめ、台風が来たあと。日差しはまだ強い、しかし湿度が低く、風がとても涼しく秋を感じます。
初秋の空は青くて、どこまでも高い。
湿原の草も緑色ではなくなってきます。









Img_0078.jpeg
10月初旬 草紅葉
グラデーションがとても美しい。
草紅葉は樹木の紅葉よりも若干早いのです。
樹木の本格的な紅葉は10月2週目の竜頭の滝くらいからかな。







Img_0153.jpeg
貴婦人も見る角度によって姿がだいぶ違います。
一番上の初夏の写真とほぼ同じ場所から。









Img_0167.jpeg
10月中旬
山が紅葉に彩られるころ、湿原の早朝は霜が降りています。
寒い!冬の装備じゃないと風邪をひきますよ。






Img_0112.jpeg
10月中旬
じっとしていられないくらい寒くなります。


季節はめぐります。
くりかえし、くりかえし。伝えられていく荘厳なものがそこにはあります。
それを感じるために通います。








Img_0123.jpg
千手ヶ浜 クリンソウ





Img_0116.jpg


Don't cry over the past, it's gone.
Don't stress about the future, it hasn't arrived.
Live in the present and make it beautiful.










コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。